注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

『努力・友情・勝利』の王道ストーリー『僕のヒーローアカデミア』が熱い!泣ける!

僕のヒーローアカデミア
5

人口の約8割が特異体質で、生まれ持った超常的な個性を武器にヒーローが犯罪者や災害に立ち向かう時代。無個性の落ちこぼれ・デクこと緑谷出久は、名だたるヒーローを輩出した雄英高校への入学を目指していた。そしてある日デクは憧れのヒーローに出会い…。
via:U-NEXTで見る

見どころと

「週刊少年ジャンプ」で連載中の大人気漫画が、ボンズによって映像化。特異体質をもつ人間が溢れる世界のヒーロー名門校を舞台に、落ちこぼれ少年の成長を描く!
via:U-NEXT

おすすめポイント

混ざりものなき、真っ直ぐ心に突き刺さる王道ストーリー

これぞジャンプ作品!と言い切りたくなるくらい見ていて気持ちのいい作品。シンプルにジャンプの三大原則である「友情・勝利・努力」がストレートに伝わる。だから非常にわかりやすく、魅力的でとにかく刺さりまくる。

主人公であるデクはまさに「努力」の固まり。ただがむしゃらに努力するのではなく「信念」がある。そして「熱い想い」は人を動かす。それが「友情」につながる。いわゆる敵であるヴィランは強敵。一人では到底かなわないし、戦いは死と隣り合わせなくらいシリアスな時もある。

まさに逆境、窮地の中頼れるのは苦楽を共にした「学友・ライバル」達。「友情」は馴れ合いではなく「信頼」。それら個のパワー、個性が「友情×信頼」で協力し合うことで強大な敵に立ち向かうことができ、「勝利」につながる。

これら「努力×友情×勝利」というシンプルな構成ながらも、敵味方含め一人ひとり「個性」豊かなストーリーが丁寧に描かれている。だからこそ「主人公一択」で人気が集中するのではなく、見る側一人ひとりが「共感」できるキャラを見つけやすく、その人物が見つかったときはあっという間にこの作品の虜になってしまうだろう。「共感」するからこそ、涙無しには見れないシーンも満載だ。

熱いバトル、迸る友情、燃える信念、唸れ個性、まさにPlus Ultra(もっと先へ)の勢いを全身で感じ取ってほしい名作だ。2020年4月現在、原作はまだまだ続いているので、これからもっと続いていくデク達の物語をワクワクしながら見守ってほしいです。本当にオススメ!U-NEXTなら1期〜4期すべて見放題プランで見れちゃいます!

Amazonレビュー

評価: 5少年ジャンプといえば友情努力勝利。黄金期にはドラゴンボール、スラムダンク、幽遊白書、やがてワンピースへと繋がる、王道の「強い主人公のバトル漫画」をいくつも生み出しました。
しかし、その後、デスノートなどの頭脳派、軽エロ、斜に構えた方向など脇道へ流れました。
本作は、その流れをふたたび王道へと引きもどす、待ちに待った王道の中の王道です。
1点だけ懸念点として、ライバルとなる悪役(死柄木)が、そこまで凄みを持たない部分がありますが、それもまた「純真無垢な子供としての悪意」として見ると納得はできますし、これこそ真に深い悪とも取れます。
なんにせよ、とても面白いキャラクターとストーリーです。ジャンプが好きな人には一度は見てほしい作品です。

キャスト/スタッフ
[キャスト]

緑谷出久:山下大輝/オールマイト:三宅健太/爆豪勝巳:岡本信彦/麗日お茶子:佐倉綾音/飯田天哉:石川界人/蛙吹梅雨:悠木 碧/峰田 実:広橋 涼/八百万百:井上麻里奈/常闇踏陰:細谷佳正/切島鋭児郎:増田俊樹/上鳴電気:畠中 祐/轟焦凍:梶 裕貴

[スタッフ]

原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)/監督:長崎健司/シリーズ構成:黒田洋介/キャラクターデザイン:馬越嘉彦/アニメーション制作:ボンズ

[製作年]

2016年

©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

みんなの感想ツイート

関連アイテム

created by Rinker
東宝
¥6,730 (2021/03/02 11:18:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
東宝
¥3,138 (2021/03/02 11:18:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥18,000 (2021/03/02 11:18:39時点 Amazon調べ-詳細)

関連レビュー

tetumemo

ビジネスマンであれば「7つの習慣」という本は聞いたことがあるかもしれない。また、書店で見かけたことがあるかもしれない。長…

最新情報をチェックしよう!