注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動
魔法科高校の劣等生

「魔法」が格差を生む社会。劣等生の兄、優等生の妹。世の中のモノサシでは測れない兄の秘められた強さは、俺TUEEE系の真骨頂と思えるほど爽快な無双ぶりが楽しめます。

格差社会を爽快に無双する、俺TUEEE系代表作『魔法科高校の劣等生』

魔法科高校の劣等生
5

魔法が現実の技術として確立された時代。国立魔法大学付属第一高校、通称「魔法科高校」に、兄・司波達也と妹・深雪が入学する。エリートが集まる一科生の妹に対して、兄は補欠枠の二科生だった。そんな劣等生の兄だったが…。
via:U-NEXT

見どころ

監督は「咲-Saki-」の小野学、キャラクターデザインは原作イラストを手掛ける石田可奈。劣等生として冷遇される主人公が頭角を現していくストーリーが痛快。
via:U-NEXT

アニマの感想・おすすめポイント

俺TUEEE系の代表作ですが、先入観なく観てほしい作品ですね。

世界観は「魔法=現実の技術」という設定。そのため魔法そのものが必修科目であり、その能力値こそが人の優位性に直結する。学内でも優等生と劣等生は明確に分けられ、所属する名称もわかりやすく格差を示している。主人公の達也は「劣等生」、妹の沙織は「優等生」入学時から格差クラスに分けられるが、それはあくまで「魔法力」というノサシで分類しただけ。

この作品の見どころは、「魔法力」という尺度で比べられる世界でも、達也は自分の強みは何かを追求してそれを磨いてきた。それとは「魔法」の構成を「法則」として分解し、様々な道具を使ってオリジナル構築すること。結果、魔法力が低くても「法則」を導き要素を分解しているため、道具を利用しながら高効率、出力増加など独自の強さを手に入れることができた。ただ、その強さは「魔法力」では測れないため達也は「劣等生」という分類になっている。世の中の仕組みと、求められる強さが天秤にかけられた時、「魔法力」という価値観はどう見られていくのか。人の感情心理も混ざり合いながら見応えがある展開になる。

単純に「魔法」というシステムにフォーカスして純粋に戦いを観ていくと、主人公の「劣等生」という要素がどの部分のことなのかよくわかる。主人公は強い。その強さの種類が単純な「魔法スキル」というものではなく、主人公独自に練り上げられたものです。魔法の能力値こそが優位の世界だからこそ、魔法力が低くても爽快に、冷静沈着に無双していく展開は見ていて気持ちが良い。
まずは数話観てみて、丁寧なアニメ作りを味わってほしい。妹との絡みに賛否両論はありますが、好みの問題なので見て判断してみてください。妹を大切にする理由は物語が進むにつれてよくわかります。色々な評価を観て躊躇しているのであれば、ぜひ視聴して判断してほしい作品ですね。

Amazonレビュー

評価: 5どうやらここでの評価が低いようなので上げレビューを書かせいただきます。

内容については他の方がおっしゃっている通り、俺TUEE系でも有名な今作です。
原作も既読の身からしても、これはそこを楽しめるかどうかが重要なポイントだと思います。
俺TUEE系苦手な方は合わない作品かもしれません。

ですが、ネットの謎の風潮に合わせてそういった作品をスルーするのもまたもったいないとは思います。
この魔法科高校の劣等生は、なにより魔法をシステム化して理解させてくる部分が特徴的であり、アニメではそのあたりがかなり端折られているので、「これはこういうもん」「こうだったのか!」みたいな説明ばかりでご都合だなと思われるかもしれません(話の展開自体は当然ご都合になる部分はあります)。そこについてはかなりもったいないと思います。ある程度原作を読み進めると、事柄が起きたことに説明の字の文が入る前に、自分も他の登場人物と一緒に驚いたりすることができるようになります。現代でいう物理学のようなものなので、理解できていた喜びみたいなものを感じますね。
ただここはアニメ自体についてのレビューですので、原作を読んでいてどうというのはまた別の話です。
アニメの出来としては良いほうだと思います。「それはそういうもん」と創作物を受け入れることができて、かつ兄妹ものが好きな人や、ド派手なアクション(OPが一番派手説)が好きな人におすすめです。小難しい話も好きな人は原作買ってみましょう。後悔しませんよ。

キャスト/スタッフ
[キャスト]

司波達也: 中村悠一/司波深雪: 早見沙織/西城レオンハルト: 寺島拓篤/千葉エリカ: 内山夕実/柴田美月: 佐藤聡美/吉田幹比古: 田丸篤志/光井ほのか: 雨宮 天/北山 雫: 巽 悠衣子/渡辺摩利: 井上麻里奈/服部刑部少丞範蔵: 木村良平/十文字克人: 諏訪部順一/七草真由美:花澤香菜/市原鈴音:中原麻衣/中条あずさ:小笠原早紀/壬生紗耶香:戸松遥/桐原武明:杉田智和/一条将輝:松岡禎丞/吉祥寺真紅郎:村瀬歩

[スタッフ]

原作: 佐島 勤(電撃文庫刊)/監督: 小野 学/原作イラスト/キャラクターデザイン: 石田可奈/副監督: 熊澤祐嗣/総作画監督: 石田可奈/吉川真帆/宮前真一/アクション作画監督: 富岡隆司/岩瀧 智/サブキャラクターデザイン: 吉川真帆/CAD・メカニックデザイン: ジミー・ストーン/出雲重機/美術デザイン: 石本剛啓/谷内優穂/平澤晃弘/美術監督: 小田理恵(草薙)/色彩設計: 野口幸恵/3D 監督: 籔田修平/撮影監督: 川下裕樹/編集: 木村佳史子/音響監督: 本山 哲/音響効果: 古谷友二/音楽: 岩崎 琢/アニメーション制作: マッドハウス

[製作年]

2014年

©2013 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

劇場版魔法科高校製作委員会
©2016 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/劇場版魔法科高校製作委員会

みどころ

原作者・佐島勤書き下ろしによる完全新作ストーリーで、魔法科高校に通う兄妹の新たな物語が紡がれる。大スケールで繰り広げられる最強の兄・達也の活躍が熱い。
via:U-NEXT

ストーリー

季節は過ぎ、もうすぐ二度目の春。劣等生の兄・司波達也と優等生の妹・深雪の魔法科高校での生活は、1学年目を終えようとしていた。春休みを利用して達也たちは小笠原諸島の別荘を訪れるが、海軍基地から脱走してきた少女・九亜が現れて…。
via:U-NEXT

 

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
¥22,231 (2021/09/19 17:38:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥24,023 (2021/09/19 17:38:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

魔法科高校の劣等生
最新情報をチェックしよう!