注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動
ヴィンランド・サガ

暴虐の塊、最強戦士軍団ヴァイキング時代の”リアル”が生々しく描かれた傑作。目的達成のためなら慈悲・懇願すべて一掃。戦士たちの圧巻の戦いぶりと、壮大な物語のプロローグをお楽しみください。

激動の時代、本当の戦士の物語『ヴィンランド・サガ』

ヴィンランド・サガ
5
ヴィンランド・サガ
(C)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

千年紀の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族「ヴァイキング」。最強と謳われた戦士の息子トルフィンは幼くして戦場を生き場とし、幻の大陸ヴィンランドを目指す。激動の時代で巻き起こる、本当の戦士の物語(サガ)。
via:Amazon

イントロダクション

千年期の終わり頃、
あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした
最強の集団、ヴァイキング。
最強と謳われた戦士の息子トルフィンは、
幼くして戦場を生き場所とし、
幻の大陸“ヴィンランド”を目指すーー
激動の時代で巻き起こる、
本当の戦士の物語(サガ)。

via:Amazonより

アニマの感想・おすすめポイント

舞台は11世紀初頭の北ヨーロッパ及び周辺地域。当時世界を圧巻していたヴァイキングたちの生き様を描いている作品。単純に豪快な戦士たちのバトルアクションを楽しむだけの作品ではなく、深い歴史考証に基づいた当時の史実を追体験できる貴重な物語です。
北の蛮族ヴァイキングはヨーロッパの海、川、野原に出没し、人々にとって恐怖の象徴。恐るべき速度で襲撃と略奪を繰り返す。一方、王政統治では奴隷制度が当たり前のように存在し、貧困、格差、弱肉強食の世界が社会化している。
生きるために人を殺し、人を使い、人を売る時代。恩恵を一番得るのは王政の頂点か力ある者。命を軽く浪費されていく時代に生まれる感情は「負」で満ちていて、人々は一瞬の気の緩みで地位も立場も入れ替わる恐怖を背負っている。そんな時代でも”力ある者”の集団ヴァイキングの蹂躙ぶりは、見ていて驚愕する。個の力だけ見ても戦闘能力が非常に高いが、統率するリーダーの力の種類によって集団の力も大きく変わる。
異常な戦闘力の副官ビョルンを部下に持ちながらも、知略と武力に長けた戦略家のアシェラッド兵団。敵対するのは圧倒的な体格と戦闘力・楽観的な性格で部下を魅了する戦闘センスの塊、トルケル。この両兵団の戦いを見るだけでも圧倒されますが、特に見どころは『戦うこと』に対して名もない1人の戦士から、キーキャラクターまで『目的』が明確になっていることだと思います。
ヴァイキングたちは「戦士」として戦って散ることで戦乙女(ヴァルキリー)にヴァルハラ(北欧神話・主神オーディンの宮殿)へ導かれることを願っており、まるで武士道にも似たような死に方を切望している。アシェラッドは過去の体験から、壮大な野望を秘め、着々と実現するためにコトを進めている。トルケルは良き戦いを求めることを真に追求し、誰に就くかではなく、どこにいれば心底楽しく戦士として戦えるのか、という価値観で動いている。
その他、主人公含め様々キャラクターが自身の心と葛藤しながら成長し、自分のストーリーを信念を持ちながら歩もうとする。中でもアシェラッドの達成したい目的と行動には物語の深さを感じ、そのためには手段を選ばない行動に共感はできないが、不思議な納得感を感じてしまいました。
刊行されているコミックすべての内容はアニメ化されていませんが、私は間違いなくアニメ化されたことに深く感謝したいですね。続きが気になって、視聴後コミックを手にとってしまいましたが、本を読めば読むほど、この先を必ずアニメ化してほしいと切望します。アニメに興味がない大人もぜひオススメしたい深みある作品だと負います。

Amazonレビュー

評価: 5原作は「プラネテス」で類稀な力量を世間に示した幸村誠氏の漫画。
北方民族・ヴァイキングを題材とした骨太な歴史大作です。
重厚な戦闘シーンや壮大なストーリーも魅力ですが、登場人物の服装や武器、食事風景に至るまで細微に渡って
丁寧な歴史考証が行なわれています。それに勿論、アクション・陰謀・複雑な人間関係などエンターテインメントとしての要素も満載であり、北欧史やヴァイキングに興味がなくとも楽しめます。
via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

トルフィン:石上静香 / 上村祐翔/トールズ:松田健一郎/アシェラッド:内田直哉/クヌート:小野賢章/トルケル:大塚明夫/ビョルン:安元洋貴/フローキ:斧アツシ/レイフ:上田燿司/ヘルガ:高梁碧/ユルヴァ:生天目仁美/ラグナル:浦山迅/ヴィリヴァルド:日野聡/アスゲード:竹内良太/スヴェン王:菅生隆之/トルグリム:後藤ヒロキ/アトリ:高橋伸也/耳:古川慎/アーレ:市来光弘/ハーフダン:下山吉光

[スタッフ]

原作:幸村 誠/監督:籔田 修平/シリーズ構成・脚本:瀬古 浩司/脚本:猪原 健太/キャラクターデザイン:阿比留 隆彦/美術監督:竹田 悠介/美術ボード:平林 いずみ/大貫 賢太郎/美術:Bamboo/撮影/特殊効果:MADBOX/色彩設計:橋本 賢/撮影監督:川下 裕樹/編集:木村 佳史子/3DCG 監督:竹鼻 まゆ/3DCGI:Chiptune/デジタルワーク:荒木 宏文/音響監督:はた しょう二/音響制作:サウンドチーム・ドンファン/音楽:やまだ 豊/制作:WIT STUDIO

[製作年]

2019年

(C)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会み

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの感想

関連アイテム

created by Rinker
¥16,170 (2021/06/21 21:46:03時点 Amazon調べ-詳細)
ヴィンランド・サガ
最新情報をチェックしよう!