注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動
東京喰種トーキョーグール

元人間、現在喰種(グール)、人と喰種の狭間で苦悩する主人公・金木研。双方の気持ちがわかるからこそ、あるべき世界のあり方を模索する苦難と葛藤の壮絶ストーリーです。個性的なキャラ達やセリフも魅力的!

僕は人か喰種か何者か?『東京喰種トーキョーグール』

東京喰種
5
東京喰種トーキョーグール
©石田スイ/集英社・東京喰種製作委員会

青年カネキが恋した女性は「喰種(グール)」と呼ばれる怪人だった。襲われたカネキは、彼女の臓器を移植され一命を取り留めるが、半喰種となってしまう。自殺者を食し人間との共存を模索する喰種仲間と出会うが、それを快く思わない喰種の活動が活発化する。
via:U-NEXT

見どころ

同名漫画を原作とするダークファンタジー。人肉を食べなければ生きていけなくなったら…そんな主人公の葛藤を表情豊かに描いており、序盤から感情移入間違いなし。
via:U-NEXT

アニマの感想・おすすめポイント

独特の世界観と、個性的なキャラクター、セリフ、そして人と怪物の狭間で悩み葛藤する主人公の繊細な心理変化と成長に共感できれば、一気にハマって見てしまう作品です。

ただ単に人間VS喰種(グール)という戦闘抗争アニメではないです。この世界には人間と喰種の社会が存在し、生まれながら、どちらになるかは選択できない。喰種は人を食らう。主食であり、基本的にそれ以外は受け付けない。そんな共生も共存もできず、人から見たら喰種は驚異でしかなく排除・駆除対象として見られている。

人と喰種、どちらの視点で見ればいいのか。その気持ちや言葉、葛藤を表現してくれているのが主人公の金木研です。彼は元人間。とある事故で喰種因子を移植され生き残ったけど喰種化してしまった。人か喰種か、どちらに付くべきか、どう行動すればいいのか日々苦悩する。

最初は一つ一つの行動に一貫性がない。本当に苦しみながら「選択」をしていきますが、双方の立場で行動することで彼の中に変化と成長が訪れます。そこに至る葛藤、怒り、悲しみなど、どうしようも無い感情の行き場の向かう先はどうなってしまうのか・・・見どころです。

12話という凝縮された1期の中に、東京喰種の世界観がギュッと詰まっています。主人公以外も人間、喰種含めて様々な過去やしがらみ、葛藤や決意が入り乱れ、戦っていく姿は非常に心が刺激される展開です。人間VS喰種、喰種VS喰種のバトルは激しく、エキサイティングシーンなのに、とても悲しく見えてしまうのはなぜでしょうか。

東京喰種→東京喰種√A→東京喰種:re→東京喰種:re(第二期)とアニメは流れていきますが、東京喰種と東京喰種√Aの2つだけ見ても十分楽しめる作品になっていると思います。原作はもっと深く、展開も違う部分もありますので、ハマったらぜひ原作も手にとってほしいですね。

Amazonレビュー

評価: 5ただの気持ち悪いアニメだと思ってスルーしていましたが、
何となく見始まったところ、独特の世界観や主人公の葛藤、
登場キャラクターの個性と相まって、どんどん引き込まれていきました。

グールと捜査官との戦い以上に、家庭愛・親子愛などがとても深く描かれています。
シーズン1[東京喰種トーキョーグール]以降も、
シーズン2[東京喰種トーキョーグール√A]、
シーズン3[東京喰種トーキョーグール:re]と続きます。

登場人物が多く、一度観ただけではわからなかったキャラクター同士の関係も、
2度3度と観ていると「そう言うことなのか」といった発見もあります。

個性的な声優さんの台詞、アニメだから可能な動きの描写、原作漫画に加えられたカット、
OP曲と主人公がオーバーラップするテーマソングと、なかなかの見応えです。

40代、50代のオッサン達にも是非観てもらいたいアニメです。
via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

金木 研(カネキ ケン):花江夏樹/霧嶋董香(キリシマ トーカ):雨宮 天/神代利世(カミシロ リゼ):花澤香菜/月山 習(ツキヤマ シュウ):宮野真守/亜門鋼太朗(アモン コウタロウ):小西克幸/芳村(ヨシムラ):菅生隆之

[スタッフ]

原作:石田スイ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)/監督:森田修平/シリーズ構成:御笠ノ忠次/キャラクターデザイン:三輪和宏/音響監督:原口昇/音楽:やまだ豊/アニメーション制作:studioぴえろ

[製作年]

2014年

©石田スイ/集英社・東京喰種製作委員会

東京喰種トーキョーグール√A

東京喰種トーキョーグール√A
©石田スイ/集英社・東京喰種製作委員会

見どころ

人気漫画を原作とするダークファンタジーのTVシリーズ第2弾。原作者がストーリー原案で参加、カネキが喰種として生きる、原作とは違うもうひとつの世界を描く。
via:U-NEXT

ストーリー

人を喰らう怪人・喰種が潜む東京では好戦的な喰種集団「アオギリの樹」「CCG(喰種対策局)」そして「あんていく」の激しい戦いが繰り広げられていた。アオギリとの戦いの後、半喰種の金木研はあんていくから去っていき、一方CCGはアオギリとの対決に動く。
via:U-NEXT

東京喰種トーキョーグール:re

東京喰種トーキョーグール:re
©石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

見どころ

本作は『東京喰種√A』の2年後を描出。失った過去を持つ、心優しき指導者・佐々木琲世が一癖も二癖もある班員をまとめ上げながら、どのように任務を遂行するのかに注目。
via:U-NEXT

ストーリー

“喰種”を駆逐・研究するCCGが実験体集団<特捜官チーム>を新設した。それは、最強の特等捜査官・有馬貴将を超える捜査官を作るために組成され、メンバーは「Qs(クインクス)」と呼ばれた。一等捜査官・佐々木琲世はその問題児たちの指導に努めるが…。
via:U-NEXT

「東京喰種トーキョーグール:re」(第2期)

「東京喰種トーキョーグール:re」(第2期)
©石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

見どころ

第1期の最終回で、金木研の記憶を取り戻した佐々木琲世。CCG、喰種ともに消耗していくなか、彼がはたしてどちらの側に付くのか目が離せない。
via:U-NEXT

ストーリー

群衆に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトとは異なる存在“喰種”。“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕で「クインクス」班を率いていた喰種捜査官“佐々木琲世”。彼こそ行方不明となっていた眼帯の喰種、“金木研”であった。物語はついに最終章へ…。
via:U-NEXT

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
ノーブランド品
¥10,279 (2021/09/19 18:14:41時点 Amazon調べ-詳細)
東京喰種トーキョーグール
最新情報をチェックしよう!