注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

モブキャラ皆無!敵味方関係なく全員に熱いストーリーがあるっ!アニメを見ながら手汗握る感動を体験ください!

泣けるっ!胸が熱くなるっ!応援したくなるっ!『ハイキュー!!』

ハイキュー
5

春の高校バレーの県予選を制し、全国大会出場の切符を手に入れた烏野高校排球部。全国大会を目前に控え、影山には全日本エース強化合宿の招集、月島には宮城県1年生選抜強化合宿の招集がかかる。招集されなかった日向は月島が招集された合宿に押しかけ…!?
via:U-NEXT

見どころ

ついに全国大会出場を決めた烏野高校排球部が、個人個人で強化合宿へ参加することになり、さらなるパワーアップ!強者に囲まれて描かれる葛藤と成長を見逃せない。
via:U-NEXT

おすすめポイント

泣けるっ!胸が熱くなるっ!応援したくなるっ!
通常スポーツアニメの場合「カリスマ的な主人公」や「能力が特化している主人公」などパターンとして多い。しかしこの作品の主人公「日向翔陽(ひなたしょうよう)」は明らかに違う。生粋の努力人。
バレーを始めたきっかけは憧れ。小さい頃テレビで見たある学校のバレー選手の姿。小さい身長ながらも、背の高いプレイヤーに負けないくらい堂々としたジャンプアタック。それはまるで羽が生えているように見えた姿。
その時は単純にバレーの楽しさに引き込まれただけかもしれない。子供の頃だったから自分は背が伸びると思っていたのかもしれない。
しかし、望みとは裏腹に日向の身長は小さいままだった。けど、彼は子供の頃から信じたあの「飛ぶ」姿を忘れない。あの姿になれると必ず信じている。もしかしたら壮大な勘違いなのかもしれないけど、ただひたすらバレーを愛し直向きに努力を続けてきた。
そして、日向は出会う。彼の身長でもジャンプ力を武器に最大限活かせるトスを上げてくれる仲間に。バレーは決して一人では成り立たない競技。一人一人が仲間を信じ、見えない背中で仲間に任せ、トスが上がると信じてアタッカーは前だけを見つめ続ける。その信頼の連鎖、意識がつながった瞬間、最高の頂点で反り返った身体から放たれるアタック!
この一撃を相手コートの床を叩きつけた瞬間。見ているこっちは胸を打たれ、感動してしまう。
ハイキューの主人公は「日向」かもしれないが、出てくる仲間、ライバル、一人一人に丁寧なストーリーがある。ハッキリ言ってモブキャラが存在しないアニメ。誰もがスーパースターになれるわけではない、けどチームのために諦めたくない、貢献したい!勝利への懸け橋となりたいっ!そんな想いが一人一人敵味方関係なくギュッと詰まっている臨場感がヒシヒシと伝わってきます。
王道のスポ根ですが、この作品はとても胸を打たれます。見始たら止まらない、彼らの活躍が気になってしょうがないっ、そんな熱い気持ちにさせてくれる素晴らしいアニメだと思います!

Amazonレビュー

評価: 5すごく面白い、と噂には聞いていたハイキュー!!
プライムにきたのを機に、物は試しにと視聴しました。

こんなに面白く、こんなに美しく、観るものをポジティブな気持ちにさせてくれる作品があったなんて、と驚きでいっぱいです。

なにより印象的だったのが、この作品、物語を安易に薦めるための悪役(憎まれ役)が一人もいない。

手強いライバルたちや、主人公を取り巻く大人たち、それから脇役の一人一人に至るまで、皆、それぞれの人生をそれぞれのペースで精一杯、ひたむきに生きている。
それが果てしなく美しく、心が洗われるようなこの世界観を構築しているのだと思います。

ファーストシーズンでは特に、8話から9話にかけて繊細に描かれる挫折と挑戦が印象深いです。
名シーン、名台詞の連続で、何度観ても涙が溢れてしまいます。

ヒューマンドラマとしてのクオリティもさることながら、バレーのシーンもとても迫力があり、物語が進む中で自然とルール等に詳しくなれます。テレビで中継されている実際のバレー大会も、以前よりもっともっと楽しめるようになりました。

1話でも見始めたら、きっと止まらなくなります。
仕事や人間関係に疲れたり、後ろ向きな気持ちになってしまったとき。
老若男女、色んな人に観てもらいたい作品です。
via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

日向翔陽:村瀬歩/影山飛雄:石川界人/澤村大地:日野聡/菅原孝支:入野自由/田中龍之介:林勇/東峰旭:細谷佳正/西谷夕:岡本信彦/月島蛍:内山昂輝/山口忠:斉藤壮馬/縁下力:増田俊樹/清水潔子:名塚佳織/武田一鉄:神谷浩史/烏養繋心:田中一成/及川徹:浪川大輔

[スタッフ]

原作:古舘春一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)/監督:満仲勧/シリーズ構成:岸本卓/キャラクターデザイン:岸田隆宏/総作画監督:千葉崇洋、海谷敏久/アクション作画監督:甲斐泰之/美術監督・美術設定:立田一郎/色彩設計:佐藤真由美/撮影監督:中田祐美子/3DCGI:ダンデライオン/編集:植松淳一/音響監督:菊田浩巳/音楽:林ゆうき、橘麻美/アニメーション制作:Production I.G

[製作年]

2014年

©古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

ハイキューの見る順番

2020年6月現在、4期まであります。

ハイキュー!! セカンドシーズン

見どころ

リベンジに燃える烏野メンバーの成長と白熱の春高予選が見どころとなる第2期。原作ファンに大人気の梟谷学園をはじめ、続々と登場する新キャラからも目が離せない‼
via:U-NEXT

ストーリー

インターハイ予選の宮城大会で敗北した烏野高校バレー部は心機一転、再始動。東京のライバル・音駒高校をはじめ関東の強豪校が集まる東京合宿に参加することに。梟谷学園などとの練習試合を繰り返し、春高予選に向けてレベルアップを図る烏野メンバーだが…。
via:U-NEXT

ハイキュー!! 烏野高校vs白鳥沢学園高校

見どころ

春高予選決勝戦を描く大人気シリーズ第3期。圧倒的な強さを誇る超高校級エース・牛島をはじめ天童や五色など濃いキャラが揃う白鳥沢学園を相手に烏野高校の戦いが始まる!
via:U-NEXT

ストーリー

進化した日向と影山の「変人速攻」などを武器に、宿敵・青葉城西を打ち破り、ついに春高予選の決勝に進んだ烏野高校バレー部。夢の舞台まであと一歩だが、烏野の前に全国で3本の指に入るというエース・牛島を擁する絶対王者・白鳥沢学園高校が立ちはだかる。
via:U-NEXT

ハイキュー!! TO THE TOP

見どころ

ついに全国大会出場を決めた烏野高校排球部が、個人個人で強化合宿へ参加することになり、さらなるパワーアップ!強者に囲まれて描かれる葛藤と成長を見逃せない。
via:U-NEXT

ストーリー

春の高校バレーの県予選を制し、全国大会出場の切符を手に入れた烏野高校排球部。全国大会を目前に控え、影山には全日本エース強化合宿の招集、月島には宮城県1年生選抜強化合宿の招集がかかる。招集されなかった日向は月島が招集された合宿に押しかけ…!?
via:U-NEXT

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
東宝
¥3,793 (2021/06/21 15:36:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥27,480 (2021/06/21 15:36:55時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!