注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

幼女の見た目と中身のギャップが斬新。そして萌え要素皆無。練り込まれた戦争設定と、緊迫感あふれる迫力の空戦×魔導戦闘シーンは圧巻のクオリティです。

見た目は幼女、中身は?『幼女戦記』

幼女戦記
5

統一暦1923年。金髪碧眼の幼女・ターニャは帝国軍士官学校で、航空魔導師として輝かしいキャリアを築くべく研修に励んでいた。しかし、協商連合の越境侵犯をきっかけに、帝国と協商連合は戦争状態へ。ターニャは単独で敵の魔導師中隊と交戦することになる。
via:U-NEXT

見どころ

コミカライズもされたカルロ・ゼンの小説を原作とした戦記ファンタジー。タイトルの印象に反し、戦場の最前線で嗤う幼女を軸に硬派なミリタリーを展開していく。
via:U-NEXT

おすすめポイント

最初に一言、萌アニメじゃありません。超合理主義者のエリートサラリーマンが、とある戦乱の世界へ幼女として転生する。前世の記憶を所持したまま、幼女の皮を被った大人、知識もさることながら、この世界で貴重とされる”魔導”という能力にも長けていた。

見た目は幼女なのに、その戦いっぷり、圧倒的強さ、聡明な戦略、部下に慕われる人望、。幼女であるターニャ自身は安全な後方勤務で順風満帆な人生をおくろうとしていたが、想いとは裏腹に、その類まれ無い戦争に貴重な魔導能力によって戦争の最前線に送り込まれ続ける。その想いと行動のギャップに対して、幼女の声姿でオッサン級のボヤキを連発するから笑ってしまう。

ターニャは幼女だが、中身は元エリートサラリーマンなので、与えられた任務は責任を持って、完璧に遂行しようと動いてしまう。気持ちとしては”楽”な方向に持っていこうと何度も試みるが、その行動が裏目に出て、ターニャの評価や、彼女の部隊は強く、精鋭部隊として磨かれてく。そんな気持ちと行動、そして能力のギャップがこの物語の魅力だと思います。

戦争要素8割の本格ミリタリーテイストのアニメ。題名が「幼女」とついているので一瞬気が引けて見ていない人が多いかもしれませんが安心してください。「アニメ」という枠を飛び出て濃厚・重厚な戦争異世界アニメがここに存在してます。少し解説が必要なくらい軍事的専門用語が飛び交いますが、逆にそれがこの物語の”シリアスさ”を表現してくれている気がします。

今の時代、戦争について語り継がれることも少なくなり、実際にどういったものなのか想像するのは難しいです。この作品を通して「戦争とはなんたるか?」を「幼女」という皮を被った元エリートサラリーマンを使ってライトに訴えている作品にも見えます。連想される時代背景は第一次世界大戦〜第二次世界大戦に似ており、ターニャのいる地域はドイツをイメージさせられます。その時代にもし”魔導”が存在していたら戦線はどうなるのか?張り詰めた緊迫感ある空戦闘シーンは圧巻です。12話では物足りなさを感じる魅力を放っている作品だと思います。TVアニメのクオリティでも驚くと思いますが、劇場版はさらに磨きがかかり、見どころ満載です。

Amazonレビュー

評価: 5本作の存在は原作の書籍化が開始された頃から知ってました。
にも関わらず、これまで見るに至らなかったのはタイトルの所為です。
これ程タイトルと、タイトルから想像される内容に隔たりがある作品
は無いと思います。

本作を、異世界なろう系小説原作アニメで括るには異端すぎます。
ギャル&ハーレム成分皆無で、暑苦しいオッサンばっかり出てきて、
殺伐とした泥臭い戦記モノとなってます。ついでに主人公は狂人。

物語は第一次世界大戦を経ずに第二次世界大戦を迎えそうな雰囲気の
ドイツっぽい国=帝国を舞台としています。
我々の世界と似た歴史を辿ろうとするこの世界。武力に秀でた帝国は
周辺国との軋轢を深め、徐々に破滅の道を歩むことになります。

自身の平穏のみを追い求めるあまり、天罰が下って異世界に飛ばされ
てきた元中年リーマンの主人公、ターニャ・デグレチャフ。
異世界に飛ばされても性根が治る事も無く、出世と保身を図るべく、
9歳にして志願兵となり泥沼の戦争に身を投じる事となります。

ある意味、夢も希望も打ち砕かれ続ける鬱な話なのですが、
主人公が鋼メンタルな上に、その場その場でベストを尽くして
結果を出すタイプなので、見ていてテンション上がります。

本作は、この数年内で続編を最も強く望む作品となりました。
見なければ損、とは本作の事を指すのではないでしょうか。
騙されたと思って1話だけで良いから見る事をお勧めします。

キャスト/スタッフ
[キャスト]

ターニャ・デグレチャフ:悠木碧/ヴィーシャ:早見沙織/レルゲン:三木眞一郎/ルーデルドルフ:玄田哲章/ゼートゥーア:大塚芳忠

[スタッフ]

原作:カルロ・ゼン (「幼女戦記」/KADOKAWA刊)/キャラクター原案:篠月しのぶ/監督:上村泰/キャラクターデザイン・総作画監督:細越裕治/シリーズ構成・脚本: 猪原健太/副監督:春藤佳奈/サブキャラクターデザイン:谷口宏美、牧孝雄、髙田晴仁/服飾デザイン:谷口宏美/魔導具デザイン:江畑諒真/プロップデザイン: 森山洋/銃器デザイン:秋篠Denforword日和、大津直/キーアニメーター:石橋翔祐、栗田新一、堀内博之/エフェクトディレクター:橋本敬史/軍事考証:大藤玲一郎/美術監督:平栁悟/色彩設計:中村千穂/撮影監督:頓所信二/3DCGIディレクター:高橋将人/編集:神宮司由美/音響監督: 岩浪美和/音楽:片山修志/アニメーション制作:NUT/製作:幼女戦記製作委員会

[製作年]

2017年

©カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

劇場版 幼女戦記

見どころ

TVシリーズから繋がるストーリーとなるため必見!アクション、空戦、爆撃シーンの数々が、劇場用にさらなるクオリティで描かれる。
via:U-NEXT

ストーリー

ターニャ率いる第二〇三航空魔導大隊は、南方大陸での勝利の美酒を、東からの凶報に取り上げられる。同じ頃、一人の少女が多国籍義勇軍の一員として、連邦に足を踏み入れる。メアリー・スー准尉。父親を殺され、憎悪と共に彼女は信じる。『正義』を。
via:U-NEXT

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
¥13,500 (2021/10/24 23:40:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥574 (2021/10/24 23:40:01時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!