注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動
プラネテス

今見ても制作2003年とは思えない時代設定で驚き。遠くない未来を予見しているような、宇宙で働く人たちを描く本格SF人間ドラマです。色褪せない名作です。

『プラネテス(PLANETES)』

プラネテス
5
プラネテス
©幸村誠・講談社/サンライズ・BV・NEP

宇宙のゴミ(スペースデブリ)を除去する作業員ハチマキは新入社員のタナベの教育係を任されるが、2人は衝突してばかり。地球、宇宙ステーション、月の間を、旅客機が普通に行き交う世界で、ハチマキはどう想い、成長していくのか。
via:U-NEXT

見どころ

宇宙開発現場を舞台に会社員として宇宙で働く人々を描く本格SF。設定と細部にこだわった描写が光る。時にコミカルさも交え描かれるキャラクターたちの人間模様も魅力的。
via:U-NEXT

アニマの感想・おすすめポイント

色褪せない名作。今あらためて見ると、遠くない未来をイメージできる貴重な作品。

深い内容なのであらすじを紹介

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。

主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

引用元:ウィキペディア

今でこそ、世界中で宇宙開発が盛んになり、そう遠くない未来だと思わせる物語になっています。ネジ1つでも宇宙のゴミとして浮遊していると、秒速8キロの速度という弾丸のような速度で凶器となる。こういった内容も空想ではなく、JAXAも協力し科学考証はしっかりしているので、よりリアリティを感じます。

単純な宇宙で働くサラリーマンの宇宙ゴミ回収物語ではなく、宇宙で働く理由、自分の夢、信念、価値観など様々な熱い人間ドラマが繰り広げられます。中でも興味深いのは”価値観”です。価値観は自分にとって大切で、誰からも否定されたくないこと。たとえ同じ仲間でも「価値観が違う」と言ってしまえばすべての物事が進まないし、お互いに成長はないのかなと。

そんなたった一人の小さな人間が大切にし続けている”価値観”と無限の可能性を秘めている広大な宇宙を見比べた時、急に自分がちっぽけに見えてしまう。そんな主人公の葛藤をリアルに描き、様々なクルーとの多様な”価値観”に触れ、徐々に成長し、お互いを尊重しあって展開していく流れはいつの間にか引き込まれてしまいます。

また、宇宙を舞台とした資源開発、先進国の取り組み、未解決されている社会課題、貧困、不満、テロなど、今も昔も変わらない課題もリアルに描かれており、問題を放置し続けた代償の重さを深く感じます。描かれている舞台は”宇宙”ですが、仕事をしている人間も、社会も今とそんなに変わらず、現社会と比較して見るとより奥深い作品になりますね。

26話と2クールありますが、物語は1話完結が多く見やすいです。10話くらいから終盤にかけてどんどん盛り上がってくる印象です。それでいて最初と最後もストーリーとしてつながっており、視聴後の満足感にしっかりと浸れると思います。

原作コミックと比べて、アニメは改変されている部分もありますが、どちらも私はとても楽しめました。個人的にはコミック版で新人デブリ屋、タマキの生い立ちも書かれている点が非常に良かったです。アニメを気に入った方は、ぜひ原作を手にとって見て、より深いフラネテスの世界に没頭してみてください。SF、宇宙に少しでも興味があるなら間違いなくオススメです!

Amazonレビュー

評価: 5私はSF、特に宇宙が題材の作品が好きで、高評価なレビューも多かったので視聴を始めました。
はじめこそ、まあこんなものかと思いきや
話が進むに連れ、人間模様や考え方を宇宙と絡めていくところに引き込まれていきました。

またJAXAの協力によるリアリティな描写と演出も凝っており、サイエンスの部分も楽しめました。
デブリ回収における船外活動にはどういった技術が求められるのか、どんな危険があるのか知れるのも
この作品の見どころだと思います。

宇宙に出ても人は人であり、本質的に変わりのないこと、代わりに宇宙から見る地球は地上にいる時とは違って見えること。
作品を通してこの2点が印象に残りました。
シーンとしては一番ラストが堪らなかったです。王道展開好きとして、またこの作品のテーマとしても。
あとは音楽、その場面に合わせたBGMのチョイスが上手いです。

そこまで遠くない将来を様々な観点から楽しめるので
SFと人間ドラマが好きなら試しに見てみて欲しいです。

キャスト/スタッフ
[キャスト]

ハチマキ:田中一成/タナベ:雪野五月/フィー:折笠 愛/ユーリ:子安武人/課長:緒方愛香/ラビィ:後藤哲夫/エーデル:伊藤舞子/ドルフ:加門 良/クレア:渡辺久美子/チェンシン:檜山修之/リュシー:倉田雅世/ギガルト:若本規夫/ナレーション:小林恭治

[スタッフ]

原作:幸村 誠/掲載:「モーニング」/発行:講談社/企画:内田健二、上埜芳被、松本寿子/脚本:大河内一楼/コンセプトデザイン・設定考証:小倉信也/キャラクターデザイン:千羽由利子/メカニカルデザイン:高倉武史、中谷誠一/美術監督:池田繁美/色彩設計:横山さよ子/撮影監督:大矢創太/編集:森田清次/音響監督:浦上靖夫/音楽:中川幸太郎

[製作年]

2003年

©幸村誠・講談社/サンライズ・BV・NEP

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥13,200 (2021/02/24 12:58:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥39,417 (2021/02/24 12:58:12時点 Amazon調べ-詳細)
プラネテス
最新情報をチェックしよう!