注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

主人公山田くんの「キスで魔女の能力がコピーする能力」を軸として、出会う魔女たちとのキスが加速度的に増えていく。魔女というミステリー設定と、独特な個性と可愛さをあわせ持つ魔女たちとのドタバタ展開がテンポよく進むラブコメです。

キスで能力発動!『山田くんと7人の魔女』

山田くんと7人の魔女(全12話)
5

私立の進学校での日常になじめず、問題ばかり起こしている山田竜。しかし、あることをきっかけに、彼の学園生活は一変!新たな仲間たちとの出会いとともに、楽しくも大変な毎日が始まった。7人の魔女を見つけるまで、もう退屈なんて言わせない!
via:U-NEXT

見どころ

実写ドラマ化もされた同名漫画をライデンフィルム制作でアニメ化。キスをすると身体が入れ替わるという不思議な力に目覚めた男子高生を中心に繰り広げられるラブコメディ。
via:U-NEXT

おすすめポイント

設定がとてもユニーク!学園きっての問題児不良少年の山田は階段から落ちたはずみで優等生の白石うららとキスをしてしまう。それがキッカケで2人の身体が入れ替わってしまうユニークな設定。2人は実験を繰り返し、うららは「キスした相手と精神を入れ替える能力」、一方山田は、「キスで魔女の能力をコピーする能力」を持っていると判明、これをキッカケに山田と7人の魔女たちの、キスによるドタバタ入れ替わり展開が始まる。

山田には、ぶっきらぼうだけど困っている人を放っておけない優しさと行動力、そして正義感もある。山田とうららは結構いい感じの2人だが、時折、山田はうららより他の魔女を救うことを優先したりするので、彼女たちとキスをしまくる。手段としてのキスだが、やっぱりうららは複雑。そんなモヤっとした可愛らしい嫉妬展開と、ミステリー要素も加わった魔女にまつわる謎の展開もストーリーとして魅力的。

可愛い魔女達も続々登場して、個々に独創的な能力を持ち合わせているので、キスするたびに発動する能力は何なのか自然と期待しちゃいます。魔女達も可愛いだけではなく、ちょっとぶっ飛んだ子達も多いので、飽きることなくギャグ要素に浸りつつ、テンポよく話が進んでいきます。ギャクで男子とのキスで入れ替わるのが度々あって、ついつい笑ってしまう展開です。

「なぜ魔女が存在するのか?」という展開ドラマが隠されており、個々の能力の葛藤含めてしっかり楽しめます。アニメだけでは終わらず、思わず漫画も買いたくなってしまうそんな作品です。

Amazonレビュー

評価: 5主人公の山田くんが、キスをする事で魔女の能力をコピーするという設定のため、山田くんが女の子とキスをするシーンが多い。そのキスシーンが、このアニメの一番の売りかな?キスをする事で魔女の、白石うららと、山田くんは体が入れ替わったりと笑えるシーンも多く、最近見たアニメでは一番面白かったです。原作のコミック、またBlu-rayBOXの購入も検討してます。みなさんにも1度、見て欲しい作品です。登場する女の子は、みんな可愛いですね。

via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

山田竜:逢坂良太/白石うらら:早見沙織/宮村虎之介:増田俊樹/伊藤雅:内田真礼/椿剣太郎:佐々木寿治/小田切寧々:喜多村英梨/五十嵐潮:小野大輔/山崎春馬:福山潤/飛鳥美琴:花澤香菜/大塚芽子:牧野由依/猿島マリア:タカオユキ/滝川ノア:悠木碧/西園寺リカ:田澤茉純/玉木真一:立花慎之介/鶴川秀明:杉田智和/亀田満:小野友樹

[スタッフ]

原作:吉河美希『山田くんと7人の魔女』(講談社「週刊少年マガジン」連載)/監督:宅野誠起/助監督:臼井文明/シリーズ構成・脚本:横手美智子/キャラクターデザイン&総作画監督:飯田恵理子/音響監督:鶴岡陽太/音楽:横山 克/アニメーション制作:ライデンフィルム/製作:2014「やまじょ」製作委員会/オープニングテーマ:「くちづけDiamond」WEAVER(A-Sketch)/エンディングテーマ:「CANDY MAGIC」みみめめMIMI(AstroVoice)

[製作年]

2015年

©吉河美希・講談社/2014「やまじょ」製作委員会

 みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
Tc エンタテインメント
¥14,586 (2021/08/02 00:19:56時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!