注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

テンポが絶妙すぎます!起伏のない淡々としたヒナの非常識な行動とやり取り、ヤクザの新田が常識人に見えてきてしまうアンバランスな状況に笑いを堪えきれません。そして純粋すぎるアンズの生き様に感動。こんなに感情を揺さぶられるコメディがあって良いのかな?

コメディだよね?なんで感動しちゃうんだろう『ヒナまつり』

ヒナまつり
5

ヤクザ×サイキック少女のアーバンライフ・コメディー!芦川組を支える若きインテリヤクザ、新田義史は大好きな壺に囲まれ、悠々自適な独身生活を送っていた。ところがある日、謎の物体に入った少女ヒナがやってきたことで生活が一変。念動力が使えるヒナに脅され、同居を余儀なくされてしまったのだ!暴走しがちなヒナは組関係でも学校でもやりたい放題。頭を抱える新田だが、気のいい性格が災いしていつも面倒を見る羽目に。一体、この生活はどうなってしまうのか?お人好しなアウトローと気ままなサイキック少女の危険で賑やかな日常が始まる!©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会
via:Amazonプライム

漫画誌「ハルタ」で好評連載中の、大武政夫によるアーバンライフ・コメディーが待望のアニメ化!
芦川組のインテリヤクザ・新田と、ある日急に空から落ちてきたサイキック少女・ヒナを中心とした、危険で賑やかな日常が今始まる! !
via:Amazon
前情報まったくナシで観てほしい!
「ヒナまつり」??なにこのアニメ?最初はよくわからず放置気味でした。しかし、ふと1話カジッてみたら!?ナニコレ!メチャクチャ笑えるんですけど!ヤクザとサイキック幼女のチグハグすぎるやり取りが絶妙にツボすぎます。笑いってテンポと間が本当に大事ね、その点、ヒナまつりは心底作り込まれている。特に声優さん、凄いっす、一気に世界に惹き込まれちゃいました。
また、数話観てギャグアニメだと思っているといきなり足元すくわれます。ギャップというのでしょうか?一気にフリ幅前回でお涙頂戴のストーリーを切り込むように入れてきます。
しかも唐突なのにも関わらずなぜか泣かされてしまう私。これはある意味魔法かもしれない。
寝る前にどうでしょう?ちょっと目が冴えて違うアニメを観続けられるやばいカンフル剤になりかねません。ぜひ題名に騙されず、非常に観てほしいオススメの作品です!

評価: 5原作の大ファンなので、アニメ化と聞いて不安を抱いていました。
それが良い意味で裏切られたので、とても嬉しいです。

作画もキレイで、声もキャラのイメージに沿っていると感じました。
そして、ギャグにとって特に重要なのが「間」の取り方だと思うのですが、本作は原作特有の「間」の取り方を上手に再現していると感じました。笑いをもたらすテンポを崩さないように注意して作られている感じがして、非常に好感が持てます。
また、30分アニメとして見やすいように、原作エピソードがうまく再構成されています。そのため、ひとつのアニメ作品としての完成度も高くなるのではないでしょうか。

毎週の更新が楽しみな作品です。

キャスト/スタッフ
[キャスト]

ヒナ:田中貴子/新田義史:中島ヨシキ/アンズ:村川梨衣/三嶋 瞳:本渡 楓/詩子:日笠陽子/マオ:小澤亜李/若頭:小山剛志/サブ:河西健吾

[スタッフ]

原作:大武政夫「ヒナまつり」(KADOKAWA 刊)/監督:及川 啓/シリーズ構成・脚本:大知慶一郎/キャラクターデザイン・総作画監督:神本兼利/助監督:松原 桂/キーアニメーター:枡田邦彰、竹内哲也、荒木 涼/美術監督:吉原俊一郎/美術設定:青木 薫/背景:美峰/色彩設計:岩井田 洋/撮影監督:中村雄太/編集:平木大輔/音響監督:本山 哲/音響制作:マジックカプセル/音楽:三澤康広/音楽制作:日本コロムビア/アニメーション制作:feel./製作:ヒナまつり製作委員会

[製作年]

2018年

©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

みんなの感想ツイート

関連アイテム

created by Rinker
¥614 (2021/05/07 07:06:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
不明
¥4,585 (2021/05/07 10:12:50時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!