注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

アイドル、ゾンビ、ラップにヘビメタル、腐った体で厚塗り化粧し佐賀を救う!ここまでぶっ飛んだ設定に感服しながら、テンポの良いギャグ展開と、本気すぎる音楽との向き合い方、そして直面している「死」という現状のシリアスさを織り交ぜながら感動させてくれるストーリー作り。この作品、本気を感じます!

新境地で新ジャンルを開拓した『ゾンビランドサガ』

ゾンビランドサガ
5

いつもの朝。いつもの音楽。いつもの自分。7人の少女たちの安寧は、突如崩壊する。死して蠢く、ゾンビによって……否応なく踏み込んだ世界、そこは“最高×最悪のゾンビワールド”少女たちの願いは、たった一つ。「私たち、生きたい。」これは、少女達が起こす奇跡の物語(サガ)。MAPPA×エイベックス・ピクチャーズ×Cygamesの3社が偶然にも手掛けた100%肉汁オリジナルアニメが誕生!年齢も性別も時代も超えて、びんびんに刺激する『新感覚ゾンビ系アニメ』の幕がいま上がる。
via:dアニメストア

見どころ

佐賀を舞台に、ゾンビ少女たちがアイドルを始める斬新なオリジナルアニメ。放送まで全く内容が明かされなかった奇想天外な物語は、最初から最後まで全く展開が読めない!
via:U-NEXTで見る

おすすめポイント

結論から言いたい。私にとって「神アニメ」です。
ゾンビ×ご当地アイドル(佐賀)という設定だけで意味わからん。けど、この「??」から始まるからこそ惹き込まれる。

正直、ここまで泣かされると思ってなかった。最初のは「ギャクアニメか?」という感じで流し見しようと思ってたけど、OPから開始数秒で一気に画面に釘付け。そして1話目からいきなり佐賀のご当時アイドルとしてデビューさせられて「デスメタル」熱唱。「え?」「は?」と一瞬なるような展開だけど、とてもテンポがよく、けどものすごく前のめりなライブが良すぎて目が離せなかった。

回を重ねるごとに毎回曲ジャンルが違う。「これ、いつアイドルらしい曲やるの?」と思ったけど、逆にしばられないギャップが良い。次はどんな曲なんだ?という期待でついつい次の回も観てしまう。
極めつけはギャグ路線から180度ハンドルを切るくらい一気にシリアスに持っていく斬新さ。やはり彼女達はゾンビ。すでに死んでいる。だから一人ひとり「なぜ死んだのか?」というストーリーを抱えている。ずるいよ、音楽とともに回想するなんて反則すぎる・・。

12話でまとまっているけど、とても名残惜しい・・もっと彼女たちの活躍を観ていたい、応援したい!と思える素晴らしい作品です。気負いせず、この新しい世界観のアニメを観てほしい。心に突き刺さる作品になるでしょう!
→どうやら2期決定ですね!

Amazonレビュー

評価: 5ゾンビものだとさんかれあが好きだったのでそういうのかな、と思って見ていたら開幕デスメタル。
やりすぎだろうと思いつつも笑いをこらえられませんでした。

事前情報など何も無くぼーっと見ていたら、アイドル?あぁそういうのか、とちょっと残念がっていたらやっぱりデスメタル。
曲開始前にダイブのくだりでDMCのクラウザーさんを思い出してまたわろけてくる。
ライブでとうとう主人公おかしくなってシャウト。しびれました。
確かに、ゾンビって変に理屈つけなくていいのかと、ざっくりした感じに納得し、気に入ってしまいました。
1話はそこそこ面白くて、まぁ次も見てみようかなくらいの気持ちで見ましたが、2話が衝撃でした。

OPが・・・!全然ちがう!今個人的に注目してる加藤裕介さんの楽曲というのも相まってテンションがかなり上がりました。
口上もなんか熱いし、アニメーションもよくわからんけどすごいことなってるし。繰り返し見てしまいました。

ツッコミどころあるけどトントン進む。自分的にはこのくらいのペースがすごく見やすくて楽しめました。
前回もそうだったけど、一番ライブのシーンが楽しい。というか、まだ一度もまともに曲をやっていないのにこんな面白くていいの?
という感じ。もはやアイドルの曲やらないのでは?とか思ってしまう。
ラップ気合入っててここも何度も見てしまいました。練習してた曲も変拍子のイントロだけでかなり気になりますね。

メンバー練習してないから確かにまともにはならないだろうとは思ったけど、アドリブで一本ライブするというシチュエーションはかなり熱かったです。前回といい、まさに伝説のライブ。
Bパートで唐突にラッパーたちの乱入があったのはこのためか、と気づきましたがまさかアイドルがラップバトルするとは思わなんだ。
個人的には警察官Aのラップが一番クセあって好きでした。ラップ書いた人も気になりましたが検索しても出ませんでした、、、

これから一番気になるのは、主人公がこれからどうライブで弾けていくのか?ゆうぎりのゾンビ要素どこ?
山田たえの正体とは?警察官の出番はあるのか?てか曲ほんとにやるの?音楽全ジャンル踏破とかしないよね?
加藤裕介さんの曲まだ出ますか?
というところです。木曜日に素晴らしい楽しみができました。

追記: 今まで1つのアニメにここまで引き込まれたことは無かったです。回を増すごとに作品の緻密さに驚き、新しく気づく部分がどんどん増えていく。新しい話を見るたび過去の話を見返して見方が変わる。味わい深いキャラクターとストーリーで、印象深い場面で大きな感動を覚える。最初からずっと見てきて、この作品を色んな角度からあれこれ考えながら見て感じるのは本当に楽しくて、話が進むたびに驚きが得られる。最高のエンターテイメントでした。
それぞれ使われた楽曲は何より新鮮で、歌詞がとても素晴らしかったです。物語を知るほど歌に感じるものが大きくなっていくようでした。
今、こんなに素晴らしい作品に出会えて本当に良かったと思います。これほど心を動かして夢中になれた物語は後にも先にもそうはないです。今後また続くのであればきっと応援します。この作品に出会えた縁にこれ以上ない感謝を込めて。

キャスト/スタッフ
[キャスト]

巽 幸太郎:宮野 真守/源 さくら:本渡 楓/二階堂 サキ:田野 アサミ/水野 愛:種田 梨沙/紺野 純子:河瀬 茉希/ゆうぎり:衣川 里佳/星川 リリィ:田中 美海/山田 たえ:三石 琴乃/警察官A:吉野 裕行/ロメロ:高戸 靖広

[スタッフ]

原作:広報広聴課ゾンビ係/監督:境 宗久/シリーズ構成:村越 繋/キャラクターデザイン:深川 可純/美術監督:小倉 一男/撮影監督:柳田 貴志/色彩設計:佐々木 梓/編集:後藤 正浩/音楽:高梨 康治/音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ/音響監督:境 宗久/音響制作:dugout/アニメーション制作:MAPPA

[製作年]

2018年

©ゾンビランドサガ製作委員会

みんなの感想ツイート

関連アイテム

created by Rinker
¥6,190 (2021/02/25 03:23:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
講談社
¥2,980 (2021/02/25 03:23:46時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!