注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

1話目からクライマックス展開。衝撃の始まりから怒涛の展開で12話を完璧に完走しきる完成された作品です。2008年のアニメでそこまで知名度が高くありませんが、埋もれてしまうのがもったいない作品だと思います。詳しくは書けませんので、ぜひ1話切りせず見てほしいアニメ。

喰霊-零-

喰霊-零-
5

首都高速で妖魔による大規模火災が発生する。事態の解決に防衛省の特殊部隊が派遣されるが強力なカテゴリーBの妖魔が出現し、隊員は次々と殺されていく。そこに特殊部隊の4課が到着。妖魔を退治していくが、そこにカテゴリーAクラスの妖魔が現れ…。
via:U-NEXT

見どころ

瀬川はじめによる漫画を原作に、その前日譚を描いたオカルトアクション。霊的現象に対処する機密機関に所属する主人公たちと悪霊との戦いを、リアルに描写した。
via:U-NEXT

おすすめポイント

まさに神アニメを引っ張り出して見つけた気分です。確かに見る人は選びます。しかし、12話という限られた話数の中で、1話目の衝撃的展開から心を鷲掴みにされて、意味もよくわからないまま2話3話と、もう戻れないくらい惹き込まれるストーリー構成になっている。中だるみも、捨てる話も一切なく、すべてがクライマックスのために丁寧に作り込まれた展開になっている。

1話目切りしてしまう、というレビューもよく見るが非常にもったいない。確かに1話目のラストは見ていて辛く、怖い。もうこの先見たくなくなるかもしれない。

しかし、その先待ち受けているストーリーは”派手なアクションで霊を無双していく展開”でもなければ、”ちょっと弱虫だった女の子が、家族同然のお姉ちゃんと修行してどんどん強くなる”という単純な話でもない。それらはすべてシリアスなストーリーの味付けにしかすぎず、本質は「家族愛」とは?が物語の根幹にある。

「霊」を倒し続ける「家系」「血筋」「使命」「運命」という回りから見たら「理不尽」な境遇を当たり前のように受け入れる彼女たち。自分の人生をどのように「選択」するのか選べるわけでもなく、「家督」「運命」「使命」と抗いながら戦う日常を強いられる。

確かに強くなれば「お役目」として達成感も得られるかもしれない。しかしその先向かえる運命は果たして幸せなのだろうか?誰が、誰のために幸せを願うのだろうか?

とても哲学的で、純粋な「家族愛」を感じられる作品であることは間違いないです。見始めたら映画のように止まらない『喰霊-零-』。見事に12話走りきりますので、その勢いのままぜひ堪能してください。

ただ、グロい点はありますので、耐性がないとちょっと辛いかもしれません。それを差し引いても「素晴らしい作品」としてもっと多くの人知ってほしいと思いました。これは『喰霊-零-』、始まりの物語ですので、続きはコミックなどで楽しむこともできます。

Amazonレビュー

評価: 510年以上たっても色褪せない魅力をもったアニメです。

ググったらすぐ分かってしまうのですが、かなりアクロバティックな構成のアニメで、まずそこに驚かされること必至です。
(もしそういった情報を知らないのであれば、まずは何も調べないで視聴するのをおすすめします)

一発ネタともとられかねない構成は、その後の展開を尻切れトンボ的なものにしてしまう危険もあるのですが、このアニメはそのような失敗を犯していません。
衝撃的な冒頭から最終回にかけて、常に疾走感をもって展開してくれます。
前記の構成のおかげで、キャラ同士のやり取りがより心に刺さってくるようになっていますし、また、アクションシーンの作画・魅せ方も非常に上手です。

漫画『喰霊』の前日譚という立ち位置であるため、いまさら視聴するモチベーションが起きないという人もいるかもしれません。ですが、本作はそれ自体で一つの物語として完結しており、『喰霊』とはある意味独立した作品、『きわめてすぐれた完成度の1クールアニメ』として楽しむことができます。

via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

諌山黄泉:水原薫/土宮神楽:茅原実里/飯綱紀之:高橋伸也/神宮寺菖蒲:相沢舞/二階堂桐:土谷麻貴/桜庭一騎:白石稔/岩端晃司:稲田徹/ナブー(兄):若本規夫/ナブー(弟):若本規夫/マイケル小原:平松広和/三途河カズヒロ:松元惠/土宮雅楽:小村哲生/諫山奈落:麦人/諫山幽:石森達幸/諫山冥:田中涼子/飯綱紀定:城山堅/真鍋美紅:升望/柳瀬千鶴:堀川千華

[スタッフ]

原作:瀬川はじめ(月刊「少年エース」連載、角川コミックス・エース刊)/監督:あおきえい/シリーズ構成:高山カツヒコ/キャラクターデザイン:堀内修/企画プロデューサー:伊藤敦/アニメーションプロデューサー:平松巨規,松嵜義之/プロップデザイン:岡田万衣子,江田恵一/モンスターデザイン:栗田新一/美術監督:海野よしみ(プロダクション・アイ)/色彩設定:福谷直樹(スタジオ・ロン)/撮影監督:森下成一(スタジオトゥインクル)/編集:伊藤潤一(ジェイ・フィルム)/音響監督:鶴岡陽太(楽音舎)/音楽:上松範康/音楽制作:ランティス/アニメーション制作:アスリード&AICスピリッツ/製作:[喰霊―零―]製作委員会

[製作年]

2008年

(C)2008瀬川ハジメ/[喰霊-零-]製作委員会

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
¥17,522 (2021/05/07 10:51:29時点 Amazon調べ-詳細)

『喰霊-零-』愛を感じる素晴らしいレビュー記事です

最新情報をチェックしよう!