注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

ぎこちないけど優しいダイキチと、真っすぐでとってもかわいいりんちゃんとのハートフルなストーリー。

とってもあったかい気持ちになる『うさぎドロップ』

うさぎドロップ
5

30歳の独身男ダイキチは祖父の葬儀で、祖父の隠し子のりんと出会う。りんの処遇を巡り親戚同士が押しつけ合う中、見兼ねたダイキチがりんを引き取ることを宣言。正義感は強いが不器用なダイキチと、子供ながらしっかり者のりん。ふたりの共同生活が始まる。
via:U-NEXT

見どころ

同名漫画を原作としたハートフルコメディ。祖父の隠し子と暮らし始めた独身男がいきなり始まった育児に戸惑いつつ、少女と心を通わせていく姿を暖かい視線で描いていく。
via:U-NEXTで観る

おすすめポイント

名作はとても名残惜しい・・・。だからこそ心に残る。

うさぎドロップ、「日常系/ほのぼの」だと思って見に行くと、不意打ちです。全体を通して、「なんでこんなに!?」と思いたくなるくらい涙腺が刺激されます。しかし、ただ「泣ける」のではなく、「子育て」のあり方に対して色々考えさせられる作品かもしれません。子育ては「正解」はない。けど、「やるべきこと」と「やってはならないこと」は明確。

その点、このうさぎドロップの中では、とても平素にわかりやすく、笑いあり、感動ありで表現されていると思います。ただ純粋に、子供のキラキラした「笑顔」をずっと見ていたい。
当たり前の日常だけど、今子供と過ごしている一瞬は二度と戻ってこない。だからこそ、1秒、1秒大切に「子供」と向き合う。子育てを楽しむ。それもすべて「あの笑顔」のため。

観ていてとってもハートフルで、りんちゃんが可愛く、ダイスケの子育てっぷりがぎこちないけどとても真摯で一生懸命でグッと来ます。まさに子育て奮闘中の大人には間違いなく観てほしいし、とても「学び」と「気づき」が多い作品です。とってもほのぼのホッコリします。

Amazonレビュー

評価: 5おばに当たる幼稚園児を引き取って面倒を見ることになったアラサーおっさんの奮闘記!
いや、感動の子育てヒューマンドラマ、といったほうがいいかもしれません。
生みの親、育ての親、育児放棄、そして子供と大人それぞれの成長を、感動的に描いた
笑って涙できるとても素晴らし作品です。
11話しかないのがとても残念で、もっと見たいと心底思いました。
ダイキチがりんちゃんを引き取って以降、互いに影響しあい、
ともに成長していく姿がほほえましく丁寧に描かれています。
実の親子ではありませんが、親子と親友を足して二で割ったような、とてもいい関係になっていくのが、
見ていてうれしくもあり、うらやましくもあり、心を鷲づかみにされるように引き込まれました。

可愛くて幼い割には落ち着きがあり、思いやる心もしっかり持っている優しいりんちゃんは、
周りの大人、そして視聴者をほっこり癒してくれます。
癒しを求めているかた必見の作品です!

キャスト/スタッフ
[キャスト]

キャスト:河地大吉(CV:土田大)、鹿賀りん(CV:松浦愛弓)

[スタッフ]

監督:亀井幹太/シナリオ(シリーズ構成):岸本卓/スタジオ:プロダクションI.G原作宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」(祥伝社・フィールコミック)

[製作年]

2011年

©2011 宇仁田ゆみ/祥伝社/アニメ「うさぎドロップ」製作委員会

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
¥1,200 (2021/08/01 08:49:20時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!