注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動
花咲くいろは

熱量と青春にあふれた全力お仕事成長アニメ。アニメなのにNHKの朝ドラかな?と思わせるくらい臨場感あふれる展開。転んでもただでは起き上がらない がむしゃらな少女の成長を応援したくなる!

働く真摯さを熱く感じる名作『花咲くいろは』

花咲くいろは
5

都会を離れ、祖母が経営する田舎の老舗旅館「喜翠荘(きっすいそう)」で仲居見習いとして暮らすことになった松前緒花。新たな土地で新たな生活を始めた青春真っ盛りの少女は、辛いことも、くじけそうなことも乗り越えて、日々を全力で過ごしていく。
via:U-NEXT

見どころ

石川県の温泉街にある温泉旅館を舞台とする青春ストーリー。青春の輝きと情熱を詰め込んだストーリー構成は、実写ドラマのようでもありアニメ初心者でも見やすくオススメ。
via:U-NEXTで観る

アニマの感想・おすすめポイント

P.A.WORKSの元祖お仕事アニメ『花咲くいろは』。まるでテンポと内容が朝ドラというイメージでアニメを観ているということを忘れてしまうくらいこの世界に没頭してしまいました。

このパワハラ的すぎる展開と職場環境はいつの時代だ!?と思うかもしれませんが、あまり時代感は気にせず、松前緒花のまっすぐ、体当たり、常に前のめりで空回りしてしまうけど一生懸命な姿に心打たれます。

今の時代、「この仕事の意味はなんですか?」「これをやることでどのような効果があるのですか?」という声も職場から聞こえてくるらしく、やる仕事に対して明確な説明がなければ中々人が動かなくなってきているそうですね。そういった時代からこの『花咲くいろは』を見ると、もしかしたら人によって拒絶反応を興してしまう人もいるでしょう。

ただ、もう少しだけ広い目線で見てみると、自分のジョブ(仕事)に対して真摯に向き合い、ひたむきに追求し、没頭してスペシャリストを目指す専門職への成長ストーリーとも言えます。極めて磨けばメチャクチャ光るんです!けど、その道は険しく、厳しく、本当に辛いことも多い。

だけど松前緒花は突き進む!空気を読まないことは多々あるが、良くするためなら空気なんか読まず最短距離で突っ走る!時には失敗もします。くじけます。けどその人間模様がとってもリアルで、すごく応援したくなる。また仕事をしている人は色々共通点がでてきてフラッシュバックし、涙無しでは見られない場面も本当に多いでしょう。

アニメだけど朝ドラなみに見やすい物語です。1日1話じっくり攻めてもよし、我慢できなければ一気見してもよし。ただ私の個人的なオススメは1日数話ずつゆっくり観ることです。なぜなら、少しでも長くこの世界の松前緒花たちを応援することができるからです。ぜひまだ「お仕事アニメを見たことがない」という方は、『花咲くいろは』が良い入り口だと思います!

Amazonレビュー

評価: 5この作品は最終話までずっと輝いていました。
キャラや風景描写などの作画は文字通りキラキラしていましたし、丁寧。ストーリ展開も話数を埋めるだけの中だるみな回はなく、毎回引き込まれるものばかり。
特に舞台のモデルになった地方の出身である私にとっては、地元が魅力的に感じた・見直した、という思いがあります。もちろん架空の話で、現実は地元の人でもなじみがそんなにない高級な奥座敷的温泉地ですが、高校生視点というところがものすごく舞台を身近なものにしてくれています。比較的抑え目ではありましたが、能登さんの金沢弁も恥ずかしいくらいにネイティブ(当然ですが)。登場人物の会話にも少し方言が入ってもよかったかもしれませんが、それは地元民のひいき目でしょうね。
ラストは、ある意味ハッピーエンドではないですが、この「輝き」をテーマにした作品としては、ぴったりだと思います。
話にどっぷり浸かってしまうと、20数話では足りない、もっといろんなエピソードを知りたい(作ってほしい)と思ってしまうのが、いい意味で残念な点。そういう点では、アニメという特殊な魅力(絵とか声優とか)を除外しても、NHKの朝ドラにできるんじゃないかと。
現実の温泉地や鉄道会社がブームに乗っただけに終わるのか、変化していくのかは、この作品のラストと同じですね。

キャスト/スタッフ
[キャスト]

松前緒花:伊藤かな恵/鶴来民子:小見川千明/押水菜子:豊崎愛生/和倉結名:戸松 遥/輪島巴:能登麻美子/種村孝一:梶裕貴/松前皐月:本田貴子/四十万スイ:久保田民絵/四十万縁:浜田賢二/宮岸徹:間島淳司/富樫蓮二:山口太郎/川尻崇子:恒松あゆみ/次郎丸太郎:諏訪部順一/助川電六:チョー

[スタッフ]

原作:P.A.WORKS/監督:安藤真裕/シリーズ構成:岡田麿里/キャラクター原案:岸田メル/キャラクターデザイン・総作画監督:関口可奈味/メインアニメーター:石井百合子/美術監督:東地和生/色彩設計:井上佳津枝/撮影監督:並木 智/3D監督:山崎嘉雅/編集:高橋 歩/音響監督:明田川仁/音楽:浜口史郎/音楽制作:ランティス/製作:花いろ旅館組合

[製作年]

2011年

(C)花いろ旅館組合

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME
©2012 花いろ旅館組合

見どころ

温泉旅館を舞台とした青春物語の劇場版。主人公の両親の馴れ初めや祖母の過去など、キャラを掘り下げた物語は家族の絆を再認識、TVシリーズ最終話の感動を深めてくれる。
via:U-NEXT

ストーリー

温泉旅館「喜翠荘(きっすいそう)」で住み込みの仲居を続ける松前緒花。そんな生活にもすっかり慣れてきたある日、喜翠荘にライバル旅館「福屋」の一人娘・結名が女将修行へやって来る。彼女の面倒を見ていた緒花は、掃除中の物置で古い日誌を見つけ…。
via:U-NEXT

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
Used Item
¥13,800 (2021/04/18 05:07:48時点 Amazon調べ-詳細)
花咲くいろは
最新情報をチェックしよう!