注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

圧倒されるほど熱く、キャラ達に魂がのっている作品。ロボットアニメだけど、その常識を超えたドラマに心揺さぶられます!

ドリルで貫かれるような一点突破熱血アニメ『天元突破グレンラガン』

見どころ

圧倒的な作画力とストーリー展開、柿原徹也、小西克幸、檜山修之ら声優の名演が合わさった熱さが見る者を引き込む。衝撃的展開を迎える第8話は今も語り草。
via:U-NEXT

おすすめポイント

まさに螺旋ドリルのように、迷いなく一点を突き抜けようとする熱血激アツロボットアニメです。
今の時代、この作品を客観的に見てしまえば、精神論主体の時代錯誤的な展開と思われる方もいるかもしれませんが、もっと深くとらえると、まさに「今」足りないことを埋めてくれる作品に思えてきます。
「今」足りないこととは、「信じてまず行動すること」
とても基本的なことですが、ロジカルシンキングや、日々の会議、効率的な思考法や、回りを気にする行動など、何かを始める前に頭で考え、考えつくして、なかなか行動できない、、そんな歯痒い経験はないでしょうか。
そんな時、この作品を見るとモヤモヤしていた感情がバカらしくなって一気に吹っ飛びます。
主人公シモンは自分に自信がなく、おどおどしていて「行動」するまで何かと「できない理由」を探そうとする。そんなシモンが憧れるダチのカミラは、熱血で裏表なく、ダチのためなら命を惜しむことなく体を張って突き進む男の中の男のような存在。カミラは「できる」という未来しか見えていない。
このドリルのように尖った信念を持つカミラから発せられるセリフはどれも名言の嵐
「俺を信じるお前を信じろ」
「お前が信じるお前を信じろ」
こんな熱い言葉をかけられ続けたら、自分も熱くなること間違いなしっ!熱は伝導し、仲間の心をたぎらせ、想いが重なり合い螺旋となり、何度も迫りくる強敵を撃破し続ける。これほど首尾一貫「想い」の力を貫き続ける物語も見たことがないです。
人生色々つまずいたり、壁にぶつかることも多々ありますが、この『天元突破グレンラガン』を見れば「貫けない壁はないっ!お前とお前の信じる仲間を信じろっ!」という声がいつでも後ろから聞こえてきそうです。
見る年齢によって感じ方が変わる作品だと思います。人生の節目ごと、再視聴したくなる名作です!

Amazonレビュー

評価: 5この作品に出会ったのはちょうど大学の卒業論文を執筆しているときだったのをよく覚えている。
恥ずかしながらとても真面目とは言えない学生だったので執筆作業はかなり辛いものだった。なんとも情けない。
何度も諦めて書かない選択肢選ぼう、楽しようと思った。そんなとき現実逃避のつもりで『グレンラガン』を見た。
気づけば一気に見ていた。見終えた私には悩みなんて吹っ飛んで執筆作業をしていた。

「”もし”とか”たら”とか”れば”とかそんな想いに惑わされるな、自分が選んだ一つのことがお前の宇宙の真実だ」

26話の『行くぜ ダチ公』は何度も見た。何度も力をもらった。今もたまに見ては元気をもらう。
何とか社会人になって実感したことだけれど、元来悩みとは感情的にとらえるから解決しない。
存外、カミナやシモン達といったグレン団のように直感でできることをやってインプットとアウトプットを繰り返していくことが、問題解決の糸口になることが多い。

話は逸れたが、『グレンラガン』はアニメの中でも傑作である。
なぜかというと理屈を放り投げて思いのままに一途突っ走る作品は『グレンラガン』以外に見たことないからだ。
この作品の原理は螺旋エネルギーという人類が持つ精神的なもので説明がつく。要は気合いと根性というガチガチの精神論だ。
気合いと根性なんて時代錯誤も甚だしいかもしれないが、不思議とこの作品はそれが気持ちが良いのだ。
本気になれば何でもできるという気持ちを呼び戻してくれる。そんな時に根拠や理屈は必要か?否。
走れるだけ突っ走ればいい、一度ダメでももう一度やればいい。そう思わせてくれる。
想像を絶するほど壮大なストーリーも最高だ。カミナやシモン、キタンといった心意気のあるキャラクターも大好きだ。
それよりもそれらが織りなす理屈をぶっ飛ばす様は勇気をくれる。

是非とも見ていただきたい作品だ。
via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

シモン:柿原徹也/カミナ:小西克幸/ヨーコ:井上麻里奈/リーロン:小野坂昌也/ヴィラル:檜山修之/ブータ/ダリー:伊藤静/ダヤッカ:中村大樹/キタン:谷山紀章/キヨウ:佐藤利奈/キノン:植田佳奈/キヤル:阿澄佳奈/ロシウ:斎賀みつき/ギミー:本田貴子/ニア:福井裕佳梨/チミルフ:梁田清之/アディーネ:根谷美智子/シトマンドラ:陶山章央/グアーム:川久保潔/ロージェノム:池田成志

[スタッフ]

原作:GAINAX/監督:今石洋之/シリーズ構成:中島かずき/キャラクターデザイン:錦織敦史/メカニックデザイン:吉成曜/美術監督:平間由香(美峰)/音響監督:なかのとおる/音楽:岩崎琢/撮影監督:山田豊徳/色彩設計:高星晴美/アニメーション制作:GAINAX

[製作年]

2007年

©GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

みんなの感想ツイート

関連アイテム

created by Rinker
¥24,640 (2021/05/07 11:17:40時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!