注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動
五等分の花嫁

容姿端麗、可愛さ500%の五つ子姉妹。とあるキッカケで勉強嫌いな彼女たちの家庭教師となった風太郎。彼の”教える”熱意によって徐々に変化していく五つ子の様子は見ているこっちも幸せな気分になります♪

おいしいポジション、けど媚びない硬派な風太郎『五等分の花嫁』

五等分の花嫁(全12話)
5
五等分の花嫁
©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところがその教え子は何と最悪な出会いを果たした同じクラスの転入生で、しかも五つ子。全員美少女だけど、“落第寸前”“勉強嫌い”の問題児ばかりで…。
via:U-NEXT

見どころ

週刊少年マガジンの人気ラブコメをアニメ化。5つ子の声優には花澤香菜・竹達彩奈・伊藤美来・佐倉綾音・水瀬いのりと旬のメンバーがズラリ!5人が歌うOP曲にも注目。
via:U-NEXT

おすすめポイント

キャスト・声優が豪華だと評価されがちですが、アニメから入ってもしっかりと惹き込まれちゃいました。ゲームのように分岐点もないアニメという動画を観ているにもかかわらず、まるで恋愛ゲームを体験しているかのような錯覚におちいっちゃいます。

主人公は貧乏学生・風太郎。とあるキッカケで5人の美少女の家庭教師をやることに。しかし彼女たちは五つ子の同級生で「勉強嫌い」「落第寸前」の問題児ぶりを発揮する。勉強しようとしても集まらない、逃走する、別なことを考えているなど、まともに勉強に取り組んでくれない日々。風太郎は稼ぎのため家庭教師をクビになれない。背水の陣からあの手この手で真剣に向き合う姿勢は、次第に彼女たちの心を変化させていく。

何よりも魅力的なのは5人姉妹のキャラクターたち。可愛さもそうですが、一人ひとりが抱えている勉強に対する悩みと、そこに対して不器用だけどまっすぐ立ち向かっていく主人公との掛け合いが絶妙にテンポが良い。勉強だけではなく、色々な悩みをポツリ、ポツリと吐露し始め、回を重ねるごとに主人公に徐々に心を開いていく彼女たちの行動変化は見ていてこっちが照れてしまいますね。

そんなおいしいシチュエーションでも風太郎にとっては生きるための仕事。プロ意識を持ったビジネスです。安易に5人とハーレムになるような設定ではなく、硬派でウブな風太郎だからこそ、なんだか見ていて「頑張って勉強教えてあげて!」と応援したくなりました。ジワッと泣けるシーンもあるんです。

1期は続きが気になる終わり方、まだまだ先が残っています。2期も期待ですね♪幸せな気持ちで観れる作品でした。続きが待てない人は漫画へGOですね!

Amazonレビュー

評価: 5今まで恋愛系アニメ見たことがなかったのですが、友人に勧められて見たのですがとても面白い作品だと感じました。
1日で全部見終わってしまい次が最終回と聞いて寂しく感じてしまい原作を急いで全部買ってそれも見ちゃいました笑
原作を読んでほしい!その一言に尽きます。
特に6巻が自分的にはとても面白かったです
これからの展開が全く読めません笑
あとこのアニメの作画について言われてる人が多いのですが、多分【原作→アニメ】の人は違和感があると思います。ただアニメから知った自分は全然気になりませんでした
とりあえず見てください!!!

2期くるかは今後次第ですが期待してます
できればみんなが幸せに終われるといいなぁ。
長文失礼しました。

via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

上杉風太郎:松岡禎丞/中野一花:花澤香菜/中野ニ乃:竹達彩奈/中野三玖:伊藤美来/中野四葉:佐倉綾音/中野五月:水瀬いのり/上杉らいは: 高森奈津美/上杉勇也:日野聡

[スタッフ]

原作:春場ねぎ(講談社「週刊少年マガジン」連載中)/監督:桑原智/シリーズ構成:大知慶一郎/キャラクターデザイン:中村路之将、雅楽雅/プロップデザイン:荻野美希、川石テツヤ/美術監督:斉藤雅己/色彩設計:油谷ゆみ/撮影監督:染谷和正(T2スタジオ)/編集:内田渉(コンクエスト)/音響監督:平光琢也/音楽:櫻井美希、田渕夏海、中村巴奈重/アニメーション制作:手塚プロダクション

[製作年]

2018年

©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
¥6,817 (2021/10/24 23:32:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

五等分の花嫁
最新情報をチェックしよう!