注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動

都会で過ごしてきた若手書道家の半田くんが、とあるきっかけで海のきれいな田舎で過ごすことになった。島民達のビックリするくらいおせっかいな思いやりと、島民全員が家族のような接し方に、人の温かみを気づかせてくれるハートフル作品。また島民達の方言が独特で、みんなキャラもたっていてテンポの良い展開になんども笑わせてもらいましたっ!

飾らないみんなが大好きになる『ばらかもん』

ばらかもん
5

書道界の重鎮を殴った罰として、日本西端の島で一人暮らしを始めることになった若きイケメン書道家・半田清舟。都会育ちで神経質な「半田先生」の前に現れるのは、自由奔放で個性豊かな島民ばかりで……!?慣れない田舎暮らしの洗礼を受けながら、書道家として人として少しずつ成長していく青年のハートフル日常島コメディ!!
via:dアニメストアで見る

見どころ

この島でひとりに……なれない。

書道界の重鎮を殴った罰として、日本西端の島で一人暮らしを始めることになった若きイケメン書道家・半田清舟。
都会育ちで神経質な「半田先生」の前に現れるのは、自由奔放で個性豊かな島民ばかりで……! ?
慣れない田舎暮らしの洗礼を受けながら、書道家として人として少しずつ成長していく青年のハートフル日常島コメディ!!
via:Amazon

おすすめポイント

日常系でハートフル、とても安心して見れる心温まる感動ストーリーです。

習字は小学校の時に多くの人が経験。また、子供の頃に書道教室に通っていた人もある程度いると思います。しかし『書道』という道に本気で足を踏み入れる人は極わずか。

ばらかもんはイケメン書道家「半田くん」と、日本西端の島で自由奔放に暮らす島民達とのハートフルメモリー。この作品の見どころはなんと言っても島民達と半田くんが繰り出すテンポの良い掛け合い。そして成長

都会育ちの半田くんは近所付き合いもなく、ただひたすら書道に没頭する人生だった。
一方、日本西端の島で自由奔放に暮らす島民達は住んでいる人皆が家族。そもそも「遠慮」という単語が島には存在していないように見えます。むしろ都会の人から見れば「おせっかい」という単語が使われそうですが、島民達は家族も近所も分け隔てなく混ざり合って過ごしている。

大変なときも、おめでたいときも、お祭りのときも、お腹が空いたときも、遊びたいときも、笑いたいときも

いつも、いつもみ〜んな一緒にゴチャッともみくちゃで楽しんでいる。その様子がとってもハートフルで、交わす言葉の方言が独特の言い回しでメチャクチャ温かみを感じるんです。正直、「ああ、こんな場所で暮らせたら本当に楽しいだろうなぁ」と心の底から思いました。

ただのハートフルな日常で終わる作品ではないのが魅力的な要素の一つ。イケメン書道家は実はちょっとスランプ気味で、人生注いできた「書道」に対してどう接して良いのかわからなくなってしまっていた。そんな中、自分の考えとは真逆の考え方の島民たちに囲まれて、半田くんの「書道」の「道」が大きく成長していく姿は、見ていてとても感動的です。

笑いあり、感動あり、このセットのバランスが絶妙にとれている作品は非常に珍しいと思います。ぜひ気兼ねなくポチッとアニメを見始めてほしいですねっ!家族で見ても楽しいと思いますよ〜。

Amazonレビュー

評価: 5こちらの作品は、漫画が原作で、キネマシトラスが制作を手掛け、2014年夏に放送されてました。

内容はというと、書道家の主人公である半田清舟が人間として欠けている部分を理解できるようになるために、彼の父親によって五島列島に送り込まれ、島の住人との出会いが織り成すヒューマンストーリーである。

個人的な感想としては、かなり面白い作品。
のんびり世界観良し、登場するキャラの個性も良し、笑いあり、安心して見れる作品でした。
ストーリーの展開はあまり無いのですが、放送当時は毎週放送を楽しみにしてました。

個人的に一番評価してる点は、OP曲とED曲の選曲が神です。なんなら、2018年の今現在でも聞いています。
主題歌が良いアニメは良い作品が多いです。

総評としては、老若男女におすすめできる作品です。のんびりしながら見れてなおかつ面白いです。
二期やってほしいですけど音沙汰ないですね…。なるの声優の子が成長してもうあの声出せないか…。
「ぷ、れ、み、あ、む、ち、よ、こ、れ、い、と」

キャスト/スタッフ
[キャスト]

半田清舟:小野大輔/琴石なる:原涼子/山村美和:古木のぞみ/新井珠子:大久保瑠美/木戸浩志:内山昂輝/久保田陽菜:遠藤璃菜/ケン太:木村聖哉/新井明彦:潘めぐみ/郷長:杉野田ぬき/教頭:立木文彦/川藤鷹生:諏訪部順一/神崎康介:梶裕貴

[スタッフ]

原作:ヨシノサツキ(掲載「ガンガンONLINE」スクウェア・エニックス刊)/監督:橘 正紀/シリーズ構成・脚本:ピエール杉浦/キャラクターデザイン:まじろ/美術監督:加藤 浩/撮影監督:若林 優/色彩設計:宮脇裕美/音楽:川井憲次/音響監督:若林和弘/音響効果:森川永子(ちゅらサウンド)/書:原 雲涯/アニメーション制作:キネマシトラス

[製作年]

2014年

(c)ヨシノサツキ/スクウェアエニックス・「ばらかもん」製作委員会

はんだくん

『ばらかもん』が気に入ったら、こちらの『はんだくん』もぜひオススメです!半田の高校時代がギャグタッチで描かれていてとても癒やされます。

あらすじ

書道の大家の息子にして、自らもその道で活躍する高校生書道家・半田 清。学校ではその近づきがたい佇まいから孤高のカリスマとして一目置かれているのだが、本人はそれを「嫌われている」と思い込んでいた・・・。
via:dアニメストア

 

みんなの感想ツイート

ツイート後のみんなの反応

関連アイテム

created by Rinker
¥1,300 (2021/10/24 14:01:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,081 (2021/10/24 14:01:41時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!