注目キーワード
  1. 神アニメ
  2. 異世界
  3. 感動
Another

P.A.WORKSの作品なので、この重い雰囲気も細部まで表現されており、終始不気味さを感じさせてくれます。スローテンポな展開ですが、数話超えると続きが気になって仕方がありません。ホラー・ミステリー好きにオススメの作品ですね。ちょっと怖いのが苦手な人は小説やコミックで予習してからでも良いかもしれません。

怖いけど、続きが気になってやめれない・・『Another』

Another
5

1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一は、何かにおびえるようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。クラスの中で不思議な存在感を放つ見崎鳴に惹かれて接触を試みる恒一だが、彼女の謎は深まるばかり。そんななか、予想だにしない惨事が起こる。
via:U-NEXT

見どころ

水島努監督のもと、原作の世界観やいとうのいぢ原案のキャラクターを巧みにアニメに落とし込んでいる。ALI PROJECTの楽曲に乗せたOP映像も一見の価値あり。
via:U-NEXT

おすすめポイント

序盤から不気味な立ち上がり。私は怖くて日中しかみれませんでした。
終始「なぜ?」「何で?」「どうして?」「誰が?」という疑問を持たされながらシリアスに、なめくじが地を這うようにゆっくりと、「謎」が明かされていきます。
アニメを見ているはずなのですが、一昔前のテキスト解説重視の怖いホラーゲームを進めているような重い感覚。
物語の展開や結末に賛否両論はあるかもしれませんが、少なくとも見ている最中はとても続きが気になってやめられません。グロ描写は人によって耐性がありますので伝えるのが難しいです。私個人としては怖いのでスマホ画面の大きさ以上で見るのは控えました。夜見るのも無理でしたね・・。けど、続きが見たいジレンマ。
この物語の強みは「不気味さ」の表現の仕方だと思います。昔からある日本独特の「不気味さ」、外国映画のゾンビ映画のような怖さではなく、音楽、声優、映像、光加減、展開など、日常と非日常のギリギリの境い目をアニメという形で表現してくれています。これも人物描写や背景、音楽描写が得意な『P.A WORKS』だからこそできたのではないでしょうか。
『P.A WORKS』作品が好きな方は、今までにないジャンルに挑戦したこちらを視聴してみてもいいと思います。こういった怖い作品でも、ヒロインに魅力を感じさせてくれる点は素晴らしかったです。4.5話まで見ることができた人はそれ以降続きが気になるアニメだと思います。

Amazonレビュー

評価: 5原作、アニメともに、自分は大変楽しめました。もちろん、ツッコミどころというか、なんでヒロインは早く死者を証さないのか! みたいなのはありますが、そこはミステリー作品なので……(一応証さない理由はちゃんとあるんですど)。でもまあ、純粋に不気味な雰囲気を楽しみたい人にはオススメです。ちょっと痛いというか、グロいシーンはありますけど(先生がスプラッシュマウンテンするやつ)、ビックリ系は一切ないし、あくまでアニメとして見れる程度のリアリティーなので、そういうの苦手な人でも大丈夫です。
あと知ってる人も多いと思うけど、原作ではほぼ残念な役回りの赤澤さんが、新のヒロインになってるのが注目ポイント。これだけ楽しみにしてもらってもいいと思う。鳴と赤澤さん、二人のヒロインが織りなす、ちょっと騒がしい学園モノ。そういう作品です。
via:Amazonでもっとレビューを見る

キャスト/スタッフ
[キャスト]

見崎鳴:高森奈津/美榊原恒一:阿部敦/勅使河原:前野智昭/赤沢泉美:米澤円/風見:市来光弘/望月:山本和臣/桜木ゆかり:野中藍/怜子:榊原奈緒子/水野:吉田聖子/久保寺先生:三戸耕三

 

[スタッフ]

アニメーション制作:P.A.WORKS/原作:綾辻行人/キャラクター原案:いとうのいぢ/監督:水島努/シリーズ構成・脚本:檜垣亮/キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子/色彩設計:井上佳津枝/美術監督:平柳悟/3D監督:山崎嘉雅/特殊効果:村上正博/撮影監督:並木智

[製作年]

2012年

(C)2012 綾辻行人・角川書店/「Another」製作委員会

みんなの感想ツイート

関連アイテム

created by Rinker
¥22,000 (2021/02/24 21:34:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥554 (2021/02/24 21:34:26時点 Amazon調べ-詳細)
Another
最新情報をチェックしよう!